美術科教育学会web
 

オンライン会員情報管理システム情報確認・更新のお願い

事務局機能の一部ガリレオ社内本部事務局支局への移管に伴い、新しい会員番号(ID)とパスワードを配布しました。
会員の皆様には、オンライン会員情報管理システムにて、新会員番号とパスワードでログインし各自情報の確認・更新をお願いします。
 会員管理情報の確認・更新はこちら → 会員情報管理 認証画面
なお、新会員管理システムへの移行に伴い、いくつかの登録項目を追加しました。追加項目の内容については、こちらをご参照ください。
また、学会と会員の皆様との連絡網構築のため、Eメールアドレスの登録もお願いします。
 
新着情報
新着情報
12345
2016/06/14

2016年度 リサーチフォーラムin Osaka, Japanのお知らせ(第一次案内)

| by Y.Oizumi

テーマ:ドイツの初等教育における「アート・プロジェクト教育実践」から探る美術教育の新たな<かたち> -マリオ・ウアラス教授(ドイツ・ハイデルベルグ教育大学)のプロジェクト型美術教育をふまえて-

○日時 平成28(2016)年7月30日(土) 午後13:00-18:00 (受付12:30-13:00)
○会場 大阪教育大学 天王寺キャンパス 西館ホール
    〒543-0054 大阪市天王寺区南河堀町4-88
    http://osaka-kyoiku.ac.jp/campus_map.html#tennoji


(1)はじめに 企画の趣旨,登壇者紹介 宇田秀士(奈良教育大学)
(2)マリオ・ウアラス(Mario Urlass) 講演「ドイツの初等教育における「アート・プロジェクト教育実践」の可能性について
 :質問と対話 指定質問者 岡田陽子(大阪千代田短期大学),辻大地(子どもアートスタジオ)
(3)シンポジウム-其々の立場からの現状認識とウアラス氏との対話
 :福本謹一(兵庫教育大学)「プロジェクト学習・課題解決学習における美術の分野の可能性から(仮)」/湯川雅紀(関西福祉科学大学)「ドイツ・デュッセルドルフでの生活経験,芸術体験から(仮)/鈴木幹雄(神戸大学)「ドイツ改革派芸術学校とそこにおける芸術教育学研究の立場から(仮)」/佐藤賢司(大阪教育大学)「制作と実践の融合の立場から(仮)」
 :質問と対話


○参加費:無料 *学会員以外でも参加できます。お誘い下さい。
○申込み方法: 下記アドレスまでメールにてお申し込みください。
       udah@nara-edu.ac.jp 宇田 秀士
       *資料準備の都合上,7月15日(金)までにお申し込み下さい。


※詳しくは地区会・リサーチフォーラムのページをご覧ください


10:41 | 研究情報
2016/06/06

『美術教育学』第38号に向けて「投稿論文募集」ページを更新

| by Y.Oizumi

『美術教育学』第38号に向けて、「投稿論文募集」のページを更新しました。


 正式な投稿案内は、学会通信第92号(2016年6月末発行予定)に掲載されますが、投稿を計画中の皆様にいち早くお知らせするため、ウェブ上で先行してご案内します。


 左の「メニュー」から、「投稿論文募集」をご参照ください。


09:00
2016/05/19

広島大学学習システム促進研究センター(RIDLS)講演会のお知らせ

| by Y.Oizumi

広島大学学習システム促進研究センター(RIDLS)講演会シリーズ No.16

アメリカの教育改革と学校教育の再設計―シカゴ大学実験学校の21世紀型学習―

【第1回講演会(東京会場)】

日時 2016年7月2日(土)13:00~17:00
会場 東京工業大学キャンパスイノベーションセンター東京 多目的室1

12:30~    受付
13:00~13:05 開会の言葉、趣旨説明 
13:05~14:05 「小学校における21世紀型の学びを創る―好奇心、創造性、自信、学力」
       シルビー・アングリン(Sylvie Anglin)校長(シカゴ大学実験学校小学校・校長)
14:05~15:05 「小学校の学級における社会科の統合」
       ロブ・レイ(Rob Ley)教諭(シカゴ大学実験学校社会科カリキュラム開発責任者)
15:05~15:15 休憩
15:15~16:15 「芸術による体験学習」
       ジーナ・アリシア(Gina Alicea)教諭(シカゴ大学実験学校美術科部門主任)
16:15~16:55 質疑応答
16:55~17:00 閉会の言葉

※詳しくは「研究情報」のページをご覧ください。


16:36 | 研究情報
2016/05/04

2016年度美術科教育学会リサーチフォーラムin東京の案内の掲載

| by H.UEYAMA
2016年度美術科教育学会リサーチフォーラムin東京

転換期日本の〈美術/教育〉:「アートする力」とは何か — その未来への可能性を探して
2016年5月21日(土)13:00-17:00 東京工業大学 キャンパス・イノベーションセンター4階ラウンジ

地区会・リサーチフォーラム(左欄)に詳細記事
08:16
2016/02/22

学会通信第91号の掲載

| by H.UEYAMA
学会通信第91号をアップしました。
学会通信(左欄)を参照してください。

14:14
12345