オンライン会員情報管理システム情報確認・更新のお願い

事務局機能の一部ガリレオ社内本部事務局支局への移管に伴い、新しい会員番号(ID)とパスワードを配布しました。
会員の皆様には、オンライン会員情報管理システムにて、新会員番号とパスワードでログインし各自情報の確認・更新をお願いします。
 会員管理情報の確認・更新はこちら → 会員情報管理 認証画面
なお、新会員管理システムへの移行に伴い、いくつかの登録項目を追加しました。追加項目の内容については、こちらをご参照ください。
また、学会と会員の皆様との連絡網構築のため、Eメールアドレスの登録もお願いします。
 
新着情報
新着情報
12345
2018/08/09

2018年度 美術科教育学会リサーチフォーラム in 福島 開催案内の掲載

| by Y.Oizumi

 「リサーチフォーラム/開催のお知らせ」に「映画文化の美術教育的レジリエンス〜映像メディア表現の力と可能性〜」 研究発表+公開トークセッション(シンポジウム)のお知らせを掲載しました。


「映画文化の美術教育的レジリエンス〜映像メディア表現の力と可能性〜」フライヤー.pdf


・テーマ
 映画文化の美術教育的レジリエンス〜映像メディア表現の力と可能性〜

・開催日時
 2018年度 9月15日(土) 14:10〜15:30(予定)

・会場
 サンライズ本宮・本宮映画劇場(福島県本宮市本宮矢来39−1  (最寄り駅:東北本線「本宮駅」))

・参加費
 無料

・内容
 映像メディア表現が持つ可能性として,社会的な「ヴァルネラビリティ(脆弱性)」からの「レジエリエンス(回復)」のプロセスをテーマにした,研究発表とシンポジウムおよび映画上映の催し。具体的には,戦後間もない荒廃した生活環境から教育のあるべき姿を取り戻した事例として「本宮方式映画教室運動」を取り上げ、その運動を改めて読み解くことによって浮上する映像メディア表現のレジリエンス的な機能とその美術教育的意義について検討したい。

・登壇者と発表題目
 柳沼宏寿(新潟大学)「社会に開かれた教育としての本宮方式映画教室運動」
 佐藤昌彦(北海道教育大学)「小学校時代における本宮方式映画教室運動の思い出と映画文化の継承」
 山木朝彦(鳴門教育大学)「映画『絵を描く子どもたち』のスクリプトから見えるもの」
 宮脇 理(元筑波大学 インディペンデント・スカラー)「映画と美術教育」

・トークセッションの部の登壇者(コーディネーター:柳沼)
 千葉茂樹(日本映画大学特任教授)
 本宮裕之(本宮の映画文化を継承する会代表)
 渡邊晃一(福島大学)宮脇 理(前出)

・備考
 当日自由参加(事前の参加申し込みは不要です)

・内容に関する問い合わせ先
 問い合わせ先: 柳沼宏寿 TEL:025-262-6900
 メールアドレス: yaginuma@ed.niigata-u.ac.jp


12:15 | 研究情報
2018/07/26

2018年度 美術科教育学会リサーチフォーラムin新潟(大地の芸術祭)開催案内

| by Y.Oizumi

 「リサーチフォーラム/開催のお知らせ」に「もうひとつの学び,もうひとつの生き方 ~アートによる学びの可能性~」(松之山オープンキャンパス) 研究発表+体験講座+公開フォーラムのお知らせを掲載しました。

「もうひとつの学び,もうひとつの生き方~アートによる学びの可能性~」フライヤー.pdf
「リサーチフォーラム/開催のお知らせ」
○開催日時 
 2018年8月25日(土) 12:00〜17:00(予定)

○会場
 三省ハウス(住所 〒942-1402 新潟県十日町市松之山小谷327)
 http://www.echigo-tsumari.jp/access/
 (最寄り駅:ほくほく線「まつだい駅」)

○参加費
 1000円(資料コピー費とワークショップ材料費800円)
 ※交流・発表「松之山・国際理解タイム」に参加の方は昼食代として別途1000円

《登壇者》
・苅宿俊文 青山学院大学・教授(ワークショップ[体験講座]・研究発表・公開フォーラム)
・北川フラム アートフロントギャラリー主宰(公開フォーラム)
・黒瀬陽平 カオス*ラウンジ代表(ワークショップ[体験講座]・公開フォーラム)
・佐々木寛 新潟国際情報大学教授・教授(公開フォーラム モデレーター)
・中島諒人 「鳥の劇場」芸術監督(ワークショップ[体験講座]・公開フォーラム)
・山田裕史   新潟国際情報大学・講師(ワークショップ[体験講座])
・荒川洋子   新潟市立東新潟中学校 (研究発表)

《参加申し込み先》
 「大地の芸術祭」東京事務所
 03-3476-4847
 E-mail : matsunoyama@artfront.co.jp
[美術科教育学会会員として,8月25日のリサーチフォーラムに限定した参加である旨記載してください。]

《内容に関する問い合わせ先》
 荒川洋子 E-mail : yoko-a@fb3.so-net.ne.jp


09:45 | 研究情報
2018/07/23

学会通信第98号の掲載

| by Y.Oizumi

学会通信第98号をアップしました。

学会通信(左欄)を参照してください。


06:53 | 学会通信
2018/04/10

「美術科教育学会 研究倫理綱領」の掲載

| by Y.Oizumi
「美術科教育学会 研究倫理綱領」を「学会概要」「会則・諸規程」に掲載しました。
07:02
2017/11/18

2017年度美術科教育学会リサーチフォーラムの開催案内の掲載

| by Y.Oizumi

「リサーチフォーラム/開催のお知らせ」に「〈工芸〉思考が切り拓く教育の未来‐創作・学び・現代社会」 シンポジウム開催のお知らせを掲載しました。

「〈工芸〉思考が切り拓く教育の未来‐創作・学び・現代社会」シンポ・フライヤー.pdf


○開催日時 
 12月10日(日) 13:00〜17:00(予定)

○会場
 大阪教育大学 天王寺キャンパス 西館ホール
  大阪府大阪天王寺区南河堀町4−88(最寄り駅:JR環状線「寺田町」)
  https://osaka-kyoiku.ac.jp/campus_map.html

○参加費
 無料

《登壇者》
 ・栗原慶(鳴門教育大学)「現代陶芸と民藝のあいだで」
 ・佐藤賢司(大阪教育大学)「生成される出来事・工芸の思考」
 ・佐二木健一(沖縄科学技術大学院大学:OIST)「科学技術の進歩がもたらす工芸教育の重要性」
 ・宮脇理(元筑波大学/インディペンデント・スカラー)「手渡すシステムの終焉とその新たな始まり」
 ・山木朝彦(鳴門教育大学)「芸術の草の根の思想と工芸概念再考」
 ・福井一真(愛媛大学)「つくることを通した教育を考える」


23:39 | 研究情報
12345