美術科教育学会web
 

オンライン会員情報管理システム情報確認・更新のお願い

事務局機能の一部ガリレオ社内本部事務局支局への移管に伴い、新しい会員番号(ID)とパスワードを配布しました。
会員の皆様には、オンライン会員情報管理システムにて、新会員番号とパスワードでログインし各自情報の確認・更新をお願いします。
 会員管理情報の確認・更新はこちら → 会員情報管理 認証画面
なお、新会員管理システムへの移行に伴い、いくつかの登録項目を追加しました。追加項目の内容については、こちらをご参照ください。
また、学会と会員の皆様との連絡網構築のため、Eメールアドレスの登録もお願いします。
 
新着情報
新着情報
12345
2016/08/21

2016年度美術科教育学会・リサーチフォーラム in 京都 のお知らせ

| by Y.Oizumi

テーマ:美術科教育における〈学習者×教師〉-質の高い授業構築をめざして-

日時 : 2017年 1月 7日(土),午後1時30分~4時30分(受付開始:午後1時15分)
会場 : 京都テルサ・東館2F(京都市南区東九条下殿田町70番地)
登壇者 :【研究発表】隅 敦(富山大学)+ 安江有沙(白山市立明光小学校),竹内 晋平(奈良教育大学)+ 長友紀子(奈良教育大学附属中学校),藤井 康子(大分大学)【指定討論者】山口喜雄(前 宇都宮大学) 【ファシリテーター】三根和浪(広島大学)
参加費 : 無料 

*申込み方法など詳しくは,地区会・リサーチフォーラムのページで概要とリーフレットをご確認下さい。


23:57 | 研究情報
2016/08/17

美術教育史研究部会より国際会議のお知らせ

| by Y.Oizumi

美術教育史研究部会より、今秋ドイツで開催される美術教育史研究に関する国際会議についてご案内します。

国際会議:世界に広がる! ドローイング(図画)教育
International Conference: "Drawing Education: Worldwide!"


・場所:ドイツ ミュンヘン芸術アカデミー、ミュンヘン中央美術史研究所
・日時:2016年 10月28日午前9時~10月29日午後4時
・参加費:無料/参加登録用アドレス:episteme@zikg.eu


詳細については、以下のサイトをご覧ください。
 http://www.zikg.eu/veranstaltungen/2016/international-conference-drawing-education-worldwide


※詳しくは,研究情報のページをご覧ください。


10:14 | 研究情報
2016/08/16

学会通信第92号の掲載

| by Y.Oizumi

学会通信第92号をアップしました。

学会通信(左欄)を参照してください。


11:57 | 学会通信
2016/07/12

2016年度 リサーチフォーラムin Osaka, Japanのお知らせ(最終案内)

| by Y.Oizumi
テーマ:ドイツの初等教育における「アート・プロジェクト教育実践」から探る美術教育の新たな<かたち> -マリオ・ウアラス教授(ドイツ・ハイデルベルグ教育大学)のプロジェクト型美術教育をふまえて-

日時 平成28(2016)年7月30日(土) 午後13:00-18:00 (受付12:30-13:00)

*最終案内リーフレットを掲載しました。申込み期日を変更していますので,地区会・リサーチフォーラムのページで確認下さい。
11:05 | 研究情報
2016/06/14

2016年度 リサーチフォーラムin Osaka, Japanのお知らせ(第一次案内)

| by Y.Oizumi

テーマ:ドイツの初等教育における「アート・プロジェクト教育実践」から探る美術教育の新たな<かたち> -マリオ・ウアラス教授(ドイツ・ハイデルベルグ教育大学)のプロジェクト型美術教育をふまえて-

○日時 平成28(2016)年7月30日(土) 午後13:00-18:00 (受付12:30-13:00)
○会場 大阪教育大学 天王寺キャンパス 西館ホール
    〒543-0054 大阪市天王寺区南河堀町4-88
    http://osaka-kyoiku.ac.jp/campus_map.html#tennoji


(1)はじめに 企画の趣旨,登壇者紹介 宇田秀士(奈良教育大学)
(2)マリオ・ウアラス(Mario Urlass) 講演「ドイツの初等教育における「アート・プロジェクト教育実践」の可能性について
 :質問と対話 指定質問者 岡田陽子(大阪千代田短期大学),辻大地(子どもアートスタジオ)
(3)シンポジウム-其々の立場からの現状認識とウアラス氏との対話
 :福本謹一(兵庫教育大学)「プロジェクト学習・課題解決学習における美術の分野の可能性から(仮)」/湯川雅紀(関西福祉科学大学)「ドイツ・デュッセルドルフでの生活経験,芸術体験から(仮)/鈴木幹雄(神戸大学)「ドイツ改革派芸術学校とそこにおける芸術教育学研究の立場から(仮)」/佐藤賢司(大阪教育大学)「制作と実践の融合の立場から(仮)」
 :質問と対話


○参加費:無料 *学会員以外でも参加できます。お誘い下さい。
○申込み方法: 下記アドレスまでメールにてお申し込みください。
       udah@nara-edu.ac.jp 宇田 秀士
       *資料準備の都合上,7月15日(金)までにお申し込み下さい。


※詳しくは地区会・リサーチフォーラムのページをご覧ください


10:41 | 研究情報
12345