788506

▼ Pages marked with * are currently under construction.
 

オンライン会員情報管理システム情報確認・更新のお願い

事務局機能の一部ガリレオ社内本部事務局支局への移管に伴い、新しい会員番号(ID)とパスワードを配布しました。
会員の皆様には、オンライン会員情報管理システムにて、新会員番号とパスワードでログインし各自情報の確認・更新をお願いします。
 会員管理情報の確認・更新はこちら → 会員情報管理 認証画面
なお、新会員管理システムへの移行に伴い、いくつかの登録項目を追加しました。追加項目の内容については、こちらをご参照ください。
また、学会と会員の皆様との連絡網構築のため、Eメールアドレスの登録もお願いします。
 
新着情報
新着情報 >> 記事詳細

2022/03/17

【日本教育学会】講演会&トークセッションのお知らせ

| by Y.Oizumi
日本教育学会 講演会&トークセッション「小玉会長に聞く! 教育学における若手研究者の現在と未来」(4月23日開催)

各位

日本教育学会若手育成委員会では講演会&トークセッション「小玉会長に聞く! 教育学における若手研究者の現在と未来」が開催されます。

詳細は下記の通りです。

会員でなくてもどなたでも参加可能です。

**********

講演会&トークセッション「小玉会長に聞く! 教育学における若手研究者の現在と未来」(2022年4月23日開催)

日時:2022年 4月23日(土) 16:00- 18:00

開催形式:
ハイフレックス参加形式選択(Zoom or 東京大学本郷キャンパス)
*感染状況によっては全面オンライン開催の可能性もあります

事前申し込み制:
次のURLからお申込下さい(4月10日 日曜〆切)
https://forms.gle/aB62CpmbhHETu4XR6
参加費は無料です。対面開催の有無は感染状況をみて決定します。
4月13日に最終的な開催形式や参加方法等をお申込をいただ いた皆様にメールでご案内します。

若手研究者の研究環境の厳しさが指摘されて久しい。本学会でも、この課題に対し、若手研究者の支援を目的として、2016年に若手育成委員会が発足し、若手研究者の交流や研究活動の支援(方法論ワークショップ、論文指導ワークショップなど)の取り組みを行ってきた。他方、前期編集委員会より、本学会の機関紙改革が進み、採択率の向上と研究の活性化が目指されてきた。実際、大学院生をはじめ、若手研究者の執筆した研究論文がこの間多く学会誌に掲載されている。こうした本学会の諸改革下で、理事、編集委員長を務められてきた小玉重夫会長は、若手研究者の研究環境や『教育学研究』への論文投稿の現況をどのように受け止めているのか。そして、会長として、若手研究者への支援をどのように構想しているのか。本プログラムでは、小玉会長による講演ののち、参加者からの質疑を交えた トークセッションを行う。 本プログラムは、若手育成委員会企画であるが、「若手」とは、年齢、職種等で 区別されるものではない。キャリアチェンジャーやライフイベントを経た方など、様々な立場の研究者に気兼ねなくご参加いただきたい。また、「若手」に限らず多くの会員 にご参加いただき、共に若手研究者が活躍できる環境と本学会の在り方を考える機会としたい。

スケジュール:
16:00∼16:05  趣旨説明
16:05∼16:55  講演(小玉会長)
5分間休憩
17:00∼18:00  トークセッション   
17:00∼17:10 ブレイクアウトルームセッション   
17:10∼17:30 指定討論者からのコメント   
17:30∼18:00 全体ディスカッション 

講演者:小玉重夫 (日本教育学会会長)
指定討論者:若手育成委員 高野貴大(茨城大学)、張林倩(名古屋大学・院生)、長江侑紀(東京大学・院生) 

お問合せ:
日本教育学会若手育成委員会 wakate@jera.jp

※ フライヤー:20220423JERAwakateTalkSession.pdf


12:28 | 研究情報