美術科教育学会web
 
代表理事挨拶

 代表理事挨拶

 

         第8期 代表理事  水島 尚喜

 美術科教育学会は1979年に設立され、以来美術教育の理論研究を進めてきました。1990年には第15期日本学術会議登録研究団体となり、現在では日本学術会議の協力団体として着実な発展を続けています。2016年5月末時点におきまして、正会員数600名を超える学会組織です。
 本学会では、毎年3月に開催される研究大会の開催、学会誌『美術教育学』の刊行などを通して、美術教育学の研究推進と構築に寄与してきました。また、美術教育をめぐる課題に焦点化した「リサーチ・フォーラム」の開催、教育現場や地域との交流の場「研究部会」の展開などを通して、その成果を広く社会へ還元する活動も行なっています。
 美術教育学は、美術教育の実践と理論を架橋するのみならず、様々な学問領野の交差点に位置しています。学際的な指向を持ち、学的方法論も数多くあります。そのような美術教育学の在りようを見据えながら、「形、色、イメージ」によって世界を生き生きと体現できる教育の筋道を明示することは、本学会の大切な使命です。
 研究職にある方のみならず美術教育に関心をお持ちの方々へ、本学会は広く開かれています。皆様のご参加とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。